あとがき。

始めに学問の神様の支援を受けて描かれたのが。

「百合花」です。

根本的に百合「女の子同士の恋」みたいなのを基本原理として設計されており。

少々過激な表現が多いのは。

百合にハマってしまったのが要因です。

ガールズシティは「こんな都市があったら?」というのがテーマですね。

リリア&クラリスは「ハイレベルなものを描いてみたい」というテーマで設計されましたが。

政治の動きばかりになってしまい。

アイドル活動は描けませんでしたが。

反面。

主人公の能力から見て。

人気が出るのも必然でしょう。

かなり史実を改造するという暴挙に出ていますが。

これは歴史上の作家も同様な事をしています。

実は私はRPGを製作した事があって。

ゲーム性が優秀な出来栄えに反して。

クオリティや技術力で劣っていた為。

あまり賛同が得られませんでした。

ある大人達は絶賛していましたが。

総合評価は低く。

残念な結果に終わりました。

そのゲームを基に書いたのが。

「Over the World Wall」というわけです。

「aglomerado estelar」は急造品だった為。

欠陥を埋めるのに苦労しました。

「Quasar」で執筆を断念する次第です。

小説は書き終わるのに何日も掛かり。

長い物語になるほど。

必要な日数が多くなり。

思想も枯渇するため。

スピード好きな私にはちょっともう無理です。

「更級日記」を原型に書かれた物語シリーズは。

ほとんど数合わせ的な意味合いを持っていますが。

物語の復刻は困難の極みでしたね。

思想不足で放棄された作品も多いです。

矛盾点などはシェイクスピア作品でさえも発生していましたので。

重箱の隅をつついて欲しくはありません。

弘法にも筆の誤り。

最後はハイパーグラフィアに染かって。

夜通し書いていたという事実もあったり。

百合姫を買った勢いで。

百合花が出来上がったり。

性的哲学になっていますので。

研究も兼ねていたり。

百合と言えば。

「なもり」って漫画家さんって人知じゃ推し量れない漫画描きますよね。

「のんのんびより」とかも良作でしたね〜。

いい漫画もあるものです。

文学あるあるでよく。

盗作だオマージュ(敬意作)だとかなじる行為。

ことわざ「犬の遠吠え」はかわいそうなので。

痛ましい。

見ないようにしています。

文学にも本物が居て。

「相棒」とか「下町ロケット」とか良かったですよね。

たまにいるんです。

並じゃない作家さんは。

腕が良い小説家さんは。

あんまり人気出ないし。

どうでもいいものばかり大人気になりがちだけれど・・・。

アマチュアなら。

驕り高ぶっている連中くらいには負けないですよ。

ああなんてこと。

完璧な作品なんて。

できませんねぇ。

ふるーつ三部作は書くのが楽しくて。

ハイテンションで調子に乗ってしまった為。

設定が無茶苦茶です。

初期の頃の作品ですな。

女の子同士でセクハラ物になっていたり。

なぜあんな百合が出来上がったのか。

私にもわからない。

たぶん創作ってこういうものです。

私は18話を4日で書き終える驚異的スピードを観測しております。

人が食事をするのと同じで。

なんとなく書いてしまうんだと思います。

女性が主人公なのは当たり前です。

わたしの小説は「女性とはこういうものかな?」という思想で書かれているからね〜。

女性哲学みたいなもんです。

これ以上は執筆には手間が掛かると知ってしまったので。

この辺りで筆を納める次第で御座います。

有識者の格言(NHK知恵泉)

評価と価値は違う。


ちなみにパクリと言い出すと。

以下のようになる。

ログ・ホライゾンはオンラインゲームが舞台だが。

ソード・アートオンラインも同じ世界観なので。

パクリに該当してしまう。

そうなるとキリが無い。

アイドルマスターとラブライブはよく比較されるが。

発想自体が似通っているし。

名探偵コナンもシャーロック・ホームズのパクリとか言われそうで。

ルパン三世も「アルセーヌ・ルパン」が題材だそうで。

性善説を押し売りするらしい(観てないよ!)刃滅の刃もワンピース「ワノ国」そっくりだとか。

初音ミクと同様のキャラクターはたくさん出ているからそれもパクリ?

機動戦士ガンダムから派生したすべての人型機動兵器はすべてパクリという意味にもなる。

マクロスプラスが発表された頃にはZガンダムが変形してマクロスと同じ事をしたり。

ファイナルファンタジーはドラゴンクエストのパクリ?そんなことはない。

ファイナルファンタジーはドラゴンクエストと同様の物を作りたかったとか。

どんなものも既製品の3割は含んでいるようですし。

大体発想が似通っていたり。

同じ系統を引き継ぐ物はすべてパクリにまで発展する。

現代・日本文学はすべて同工異曲だとか言い出すでしょう。

そこまで来ると自壊しませんか?

パクリと言い出すとキリがないです。

私が知る限りでもこうなので。

アニメ・マニアとかはもっと凄いことになりそう。

もしパクリと言いたいのなら。

異世界を旅するCLAMPの作品。

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ レザヴォア クロニクル)

「なろう系」が壮大なパクリをした意味になるので。

パクリ疑惑をした者に勝ち目は無い。


作法。

ソクラテス式問答法。

弁証法も取り入れていますよ。

日常の「問い」に対してキャラクターに代弁させ。

真理や事実に迫り。

人の存在を立証していく。

リベラルアーツ文学。

読み手を選ぶかもしれません。

全体的に哲学の塊です。

私の文学は哲学が主体。

原型はニーチェなどの哲学者の格言から。

常識をもったいぶって話していたり。

誇れるものではないと思っている。

そもそもわざと不完全に創ってあるので。

そこを見たほうがいいですよ。


-プラトン-

哲学は、最高の文芸なり。


評価。

哲学の要素を取り入れて描かれて。

終始会話劇で進んでいるのですが。

一般の文学と比較するには不適切です。

女性の真の姿。

女性の真実。

これらに迫り続ける哲学文体ですので。

プラトンの教えに忠実である事は確かです。


アイコン。

@沼から現れた「地獄カバ」

A三日月アルペジオ。

Bとりのすみか。

Cダウンロードパッケージ「RPGツクールDP」

Dゆるドラシル。



HP: ライトノベル作法研究所。

おもしろい小説が作りたい!おもしろかったと言ってもらいたい!
そんな想いを持った人を応援する小説研究サイト。



HP: Hara yui / 管理人: 原悠衣。


HP: 前方不注意 / 管理人: くろば・U


おまけ。