祖先崇拝。

死体の保管所を拝む穢れた行為。

死者を崇拝して仕えようとする邪悪な儀式であり。

先祖という都合の良い存在を持ち出して忠誠を誓うという宗教行為。

多くの場合対象が死体であり。

墓石という名の意味不明な対象に対して拝んでおり。

祖先を崇拝することによって。

守ってもらおうとする。

彼らにとって先祖が自分の主人であり。

黄泉国から勝手に呼び出された幽霊にとっては奴隷に過ぎず。

幽霊のこの世への無断滞在を不法に認め。

多数決によって維持されている謎の宗教形態である。

実質は黄泉国の死者と交わり。

黄泉国まで死者を追いかけて仕えようとしている。

極めて精神病的な宗教行為であり。

いまだ行われている謎の悪風である。


祖霊信仰。

少なくとも。

神道では神話の再現になり。

「こうなりますよ」と解説されています。

キリスト教とイスラム教ですと。

「偶像崇拝」または「偶像礼拝」と呼ばれる禁忌。

無論。

貴方が何教かで話が違います。

これをしている人と全然交際しないとか。

人がやっていることを注意するとかは。

しなくて良く。

この世の掟に背く行為なら。

それ相応の罰が加えられるので。

「これはまずい」と思ったら辞めれば良く。

「それでも」という人は続行すべし。

幽霊も。

現世に不法に留まり。

それを正当化しているのかもしれないが。

神道では神話の再現になってしまうので。

多数決に惑わされず。

自分で考え。

自分で判断すべし。


クリスチャンで祖霊信仰をしている人は。

モーセの十戒を破っています。

即ち未熟ということで。

律法を守っていないのです。

律法を守る気が無いのです。


祖霊信仰は禁忌。

多数決に洗脳されたとは言え。

禁忌をしたので。

極めて微妙な裁判が行われる。



正統な解説本から引用。

日本書紀では天つ神・アジスキタカヒコ様に弔屋が切り倒されています。

穢れのある死者と一緒にされてひどくお怒りでした。

そこまで死者は穢らわしいのですね。

私達はもうあんな穢れた行為は辞めて。

愚行を謝罪しましょう。


天つ神・アジスキタカヒコ様は「死者」を「穢らわしい」と仰せになっています。

死人は穢れたもの。

という考えが適切です。

墓参りとか穢れのある死者と交わるのですから。

かなり穢れてしまう行為ですよ。

祖先崇拝をする人は神々に背く人ですので。

伊邪那岐神を裏切らないように。

お気を付けください。

無論。

他の宗教の人には言っていません。

(日本書紀より引用)


墓に。

後ろ手で。

「これは神の呪い・神の呪いの水」と呪いの言葉を発して。

呪いの水をかけて。

報復しておいた。

事前に誓約をしていますし。

導きどおりです。

これはもっとも有効な報復ですが。

許可は必要です。

神棚で誓約を申し出て。

行う方法もありますよ。

巫術を持たない人は神棚で申し出るしかありません。


有名なおはなしで。

神様が人を祟ることがありますが。

本気で祟られますと。

災厄が頻発致しますし。

子孫にも影響を及ぼします。

家全体が祟られるのですが。

そんな人はまずいないと思います。

汚れた心の持ち主や。

悪しき心の持ち主が。

神様の祟りに遭いますが。

基本的に神様が人を祟ることはございません。

余程の事なんですよ。




祖霊信仰による公害。

もっとも多いのは。

「家族が悪態を付く」

とかく不自然な発言や。

挙動がおかしい態度を取る。

次に多いのは。

状況が一方的に不利に流れる。

少ないのは。

物が無くなる。

突然消滅する。

事故に遭う。

不自然な怪我をする。

「先祖」は子孫を自分の所有物だと見なしており。

自分の意向に沿わなければ祟るのである。

では。

先祖に力はあるのか?それはいいえであり。

先祖の力ではなく。

禁忌の罪の力が大部分を占めている。

もしそれでも祖霊信仰を続行したければ。

手を合わせる行為だけはやめたほうがいい。


これは警告である。


祖霊信仰。