青人草。

葦原の中つ国に成った存在。

人は自然性から成る。

自然の法則をもっとも強く受ける。

姿は神に似ている。

人の出生は綿毛のように風に吹かれるまま。

人の一生は草木のように。

長く伸び。

やがて枯れては。

どこかへ生える。

たんぽぽが。

綿毛を飛ばすように。

草はいろいろ。

実を付け。

花を咲かせる草木も。

木々のように。

生い茂り。

地にそびえたつ。

花は美しい。

花は可憐に咲き誇る。

やがて散って。

木の実は大地のささげもの。

人は草木のように生きるべし。

自然に振る舞って。

自然体でいて。

不自然なものこそ捨ててしまい。

自然とひとつになるべし。

人の一生は自然な成り立ち。

自然の法則。

人は自然に還るべし。

不自然は機械的を生み。

自らを穢せば。

自らの汚染にて。

枯れて朽ち逝く。

田んぼの稲がそうであるように。

苦もまた。

自らの根っこを強くする。

水ばかりは貰えない。

そうした草木は。

丈夫にはならない。

水のあげすぎは。

自らを腐らせる。

草木は四季を問わず。

そこに生える。

人の人生。

春でも夏でも秋でも冬でも。

それぞれ生えている。

青人草。

草木のような人の在り方と。

自然に沿った在り様。

不自然さの排除。

自然の法則の受容。

自然としての人を。

人の本質を示されしもの。



人は神では無く。

自分を神と思わず。

自らを青人草と認定すれば。

傲慢さはすべて消滅するとされる。

人間から教わったルールは自然なものなのか。

私達は人から教わったもので。

ロボットのように動作する傾向にあるのではないか。

平和主義を教えられれば。

平和を絶対視。

戦争を全否定するように。

それは自然の摂理にかなっているか。

わたしは人から教わったものより。

動物。

特に野鳥から教わったことのほうが大きい。

あの子たちは。

無益な争いは決してしないし。

仲良く友達と慣れ親しんで。

空を飛びまわっている。

猛禽類を話に持ってくると。

弱肉強食の論理が出現するが。

その猛禽類や肉食動物でさえ。

草食動物にやられることが多く。

人の世界では弱肉強食では無い。

実は自然なものと思われる論理でさえ。

不自然を持っている。

事実。

弱肉強食を振りかざせば。

処刑されるのであるから。

肉食動物の理屈は人には通用しない。

あなたに猿の掟が適用されるか?

いいえ。

とあなたは即答する。

人には人の法則。

自然に決まった人の掟がある。

因果律。

自然の法則。

自らを穢した者は自らの汚染によって朽ち果てる。

これを因果律と呼ぶ。

人には人。

スズメにはスズメの自然法則。

掟がある。

人が持つ自然性。

自然のまま。

青人草はこれを起点と。

土台にするべきなのかもしれない。

なお。

筆者は。

伊邪那岐神の神社に参拝しており。

神意の可能性を捨てきれない。

参考文書としては有益かと思われる。

軽く読んで頂いて構わない。

正しいかどうかは確かめようがないから。

神道では人を青人草と読む。

お忘れなく。



神道。

人は安楽ばかり与えられると。

何もしなくなり。

やがて腐る。

人はどうあるべきか。

木々と同じく。

春には花を咲かせ。

青々と生い茂り。

夏には豊かに葉を茂らせ。

秋には果実を実らせ。

冬には枯れ木のように上手にしのぐ。

この言葉から見出した人はしあわせである。

人は木々。

草木と同じ。

木々。

草木をよく観察すべし。

人はみなあんなふうに生き。

枯れてはまた息吹く。



大樹のように「木霊」のように。

苦難や艱難は主に人生の冬に起きるもの。

禍福は糾える縄の如し。

春には陽気で。

夏は暑いまでに陽が与えられ。

秋は実らせ。

冬はやり過ごす。

人生にも四季があるから。

春でも苗を植えられるし。

夏でも涼めるし。

秋は収穫できる。

冬でも耕せる。

自然とひとつに。

草木のように自然に振る舞い。

自然の摂理に従うまま。

青人草に込められた意味。

成長を続けて。

やがて大樹として確立。

完成し。

永遠のものとなる。

人も自然のひとつ。

人としての成長がとても大切。

人は草木の如く成長して。

やがて大樹となる。


これがゴール。

人は自然体で振る舞い。

自然とひとつ。

人は自然に還る。

そこで。

青人草としての有り方が求められる。

難しくない。

自然な在り様が人である。