-真実の幸福-

「真実の幸福」「真実のしあわせ」は正面からでは門を開けてはくれない。

多くの人が幸福を求める反面。

本当の幸福を掴めず。

幸福とはそもそも何かもわからない。

真実の幸福への道は。

裏門から入れて貰える。

正面から頼んでも拒絶されるはず。

しあわせのひとつの形を持っている人も居るけれど。

しあわせを願うあまり。

貪欲になっているのかもしれない。

なぜしあわせを求めても与えられない?

反対に言えば。

全員に幸福がもたさられると。

悪平等ではありませんか?

だから私は言っておきます。

真実の幸福を捜し求めなさい。

世間の幸福を一向に掴めないのは。

そういうことだと思ったからです。

しあわせを願うのなら。

然るべき試練と道を通ってから。

しあわせを求めれば。

しあわせの形は誰でも与えられます。

真実の幸福は永遠のものとなる。

たぶん。

真実の幸福。

こう言われた瞬間。

何か悟るかも。


あと。

因果律は良い意味でも悪い意味でも使われます。

何をもたらすかは予測不能です。

結果的にどうなるかは全く予測できない。

イレギュラーこそ因果律。

万人不変の幸福論を記しておきます。

神中心に事物を考えていけば。

やがて合点が行くでしょう。


牧師さんは語ってくれました。

真理に精通した方です。

すべてを手に入れた人がいました。

その人はすべてを手に入れ。

虚しくなった。

自害まで考えたが。

友が与えられたという。

わたしたちの価値基準は多くは間違ったもので。

社会的成功など。

最期には虚しさが待ち伏せしています。

本当の価値とはどこかにあり。

見つかることが。

あなたにはできるはずです。


しあわせの度合いを。

「幸福度」と呼んでいます。

その人がどれだけ。

良いものを貰ったか。

恵まれているか。

生活が豊かであるか。

充実しているか。

楽しく歓喜に満ちているかなど。

普通の人の幸福度は平均的かもしれない。

でも。

「運否天賦」という言葉があるように。

変動するのです。

中立公正じゃないですか。

天性や天才の才能ですら天からの頂きもの。

しあわせを追い求めるのではなく。

願ってみてはどうですか?


真実のしあわせ。

真実の幸福。

幸福度とは。

幸福の度合いの事です。

幸福度は高いのかな?

幸福が最高潮になると。

真実の幸福を悟ることになるかも?

幸福は行いで得られることもあるし。

自分自身の結果として現れることもある。

不幸を防ぎたければ。

神社で厄除け開運の祈祷がよろしいかと。

幸福についてよく知ることが大切なのかな?

幸福を見出せるのは。

いつだって真理ですよ。


蛭子様の別名は恵比須様。

産まれつき身体に障害がおありでした。

伊邪那岐神と伊邪那美神は泣く泣く船でお流しになられましたが。

辿り着いた島でその土地の人々に大切にされた。

という続編があるのです。

七福神の恵比寿様の別名は蛭子様とおっしゃるのです。


結局。

人間中心にものを考えるから。

わからないのです。

そして最後に言います。

蛭子様を頼ってください。

七福神でおなじみの幸福を司る神様です。

ちなみに。

蛭子神社は全国各地にどこにでもあります。

GoogleMAPとか?

真実の幸福へは。

いずれは到達しますから。

すべて人間中心のものの考え方が。

幸福を妨げているのです。

この幸福論。

上手に活用してくださいね。