イエス・キリストは現人神でした。(三位一体)

生前。

子供の頃から司祭も認めるほどの知識を有し。

大人になって。

神に近づきたいと願い。

ついに預言者ヨハネの洗礼を受け。

断食を敢行。

悪魔との勝負に打ち勝ち。

伝道を開始。

奇跡を行うようになり。

多数の崇敬者が付き従いました。

イエスに敵対する者たちも数多くおり。

イエスはユダが裏切ると知りながら。

彼を選ばれて。

ユダは計画通りに裏切り。

イエスは捕らえられ。

十字架刑で崩御しました。

エルサレム入城の際には。

世情が反イエスに傾いており。

ローマ帝国のピラト提督は公正な裁判をしようと試みましたが。

司祭と民衆が暴動寸前になった為。

それが一切できず。

十字架刑に至りました。

ユダはその前に。

罪悪感で自害しています。

イエス・キリストは3日後に復活し。

キリスト教の神となって実在しております。

イエスに祈りを捧げれば。

すべての罪を赦して頂けます。


-全人類の罪を背負う-

裁判の際。

ローマ帝国のピラト提督は。

司祭が妬みでイエスを刑事告訴したのに気付いており。

「あの人がどんな悪い事をしたというのか」とまで発言。

イエスは法廷で特に何も言わず。

いくら不利な証言をされても沈黙しており。

司祭は十字架刑にするように民衆を説きつけ。

民衆はひたすら「十字架刑にしろ!」と暴動寸前まで叫び続けていた。

そこでピラト提督は。

すぎこしの祭で罪人を赦すならわしがあり。

それにかけてイエスを救おうとしたが。

イエスとバラバ。

どちらを釈放するか選ばせた。

民衆はバラバを釈放させた。

手に負えなくなったピラト提督は。

水を取り寄せて手を洗って。

「この人の血について、私に責任がない、自分たちで始末するがよい。」

こうして十字架刑に処された。

わざと死刑に処された背景には。

人類の罪を背負って十字架刑に処されたのだと語り継がれる。

とある訳では「神の栄光を称えた詩を朗読した」とある。

聖書では「なぜあなたは私を見捨てなさったのか」とあるが。

こうなると誤訳のようである。

イエスは全人類の罪を背負って十字架刑に処された。

崩御した瞬間。

神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けて。

中規模の地震が発生した。

また。

聖徒たちが蘇生したのち。

いくつかの超常現象が発生していたと伝えられている。

イエスの史実は非宗教者にも認められている事を忘れてはいけない。

しばらくして。

イエスは信者の元を訪れている。

神化した事を意味しており。

現在も天におられます。

「天の父のもとにおられます。」


正しくは神父さんか牧師さんにお尋ねください。


参考:学習漫画・世界の伝記「キリスト」古本屋にて取り扱い。



三位一体。

キリスト教で。

父(神)と子(キリスト)と聖霊は。

唯一神の現れであり。

元来一体である。



原罪とは?

私達に宿る「罪の性質」の事です。

神への従順を通して善悪の違いを学ぶはずだった「人」は。

罪を犯して善悪の違いを学ばなければならなくなりました。

要するに原罪が日本に入ってきちゃった訳なんですが・・・。


聖書では。

エデンの園が設けられ。

善悪の知識の木の実が置かれた。

この実だけは食べてはならないと警告されていた。

最高の天使として創造された存在が居て。

自分があまりに美しかったので。

神になろうとしたができなくて。

堕落して悪魔になり。

神の被造物であった人に目をつけ。

ヘビに成り済ましてエバ(イヴ)を惑わした。

エバは善悪の木から取って食べ。

アダムにそれを勧めてアダムも食べた。

すべての人が善悪の実を食べてしまった。

主が見回りに来ると。

アダムは自分が裸だと知ってしまい。

覆いを作って隠れていた。

アダムは責任転嫁した。

あなたが傍に置いた女が木の実を勧めたのです。

エバは惑わされたと伝えた。

主は宣告して人をエデンの園から追放した。

どうやら善悪の知識の木の実を食べると善悪が分からなくなるようで。

アダムとエバの世は凄惨を極めた為。

神の心にかなっており。

正しい人であったノアとその家族だけを生かして。

ノアの大洪水で人類を滅ぼした。

再スタートとなっている。

創世記は神話だと言われている。

しかしそれを言うと聖書全体の伝えている事が分からなくなるとのこと。

根拠は「中川健一牧師」さんの内容を引用しています。


善悪の知識の木の実は。

人に「選択の自由」という根本的原理を与えるため。

そのままでは人はロボットですから。

最初にすべて教えて自由にする計画でした。

しかし人が背いて善悪の知識の木の実を食べてしまい。

罪を犯して善悪を知るしか無くなった。

結果は同じです。

プロテスタント「中川健一牧師」さんの内容を引用しています。



-感想-

クリスチャンを見て思ったけれど。

原罪で罪の性質を帯びているのなら。

正直に主に謝罪して。

ローマ人への手紙のとある項目を実行すればいいのに。

ええ。

主への恩義は3倍にして返しますよ。

お世話になりましたし。

だからクリスチャンに言います。

主は誰かを待ち望んでいて。

誰でも挙手すれば選ばれるようだ。

一時的にクリスチャンでしたので。

これらはその頃に授かった啓示なんです。



新改訳1970。

3:1 さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」

3:2 女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。

3:3 しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せになりました。」

3:4 そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。

3:5 あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです。」

3:6 そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。

3:7 このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで、彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。

3:8 そよ風の吹くころ、彼らは園を歩き回られる神である主の声を聞いた。それで人とその妻は、神である主の御顔を避けて園の木の間に身を隠した。

3:9 神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」

3:10 彼は答えた。「私は園で、あなたの声を聞きました。それで私は裸なので、恐れて、隠れました。」

3:11 すると、仰せになった。「あなたが裸であるのを、だれがあなたに教えたのか。あなたは、食べてはならない、と命じておいた木から食べたのか。」

3:12 人は言った。「あなたが私のそばに置かれたこの女が、あの木から取って私にくれたので、私は食べたのです。」

3:13 そこで、神である主は女に仰せられた。「あなたは、いったいなんということをしたのか。」女は答えた。「蛇が私を惑わしたのです。それで私は食べたのです。」

3:14 神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。

3:15 わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」

3:16 女にはこう仰せられた。「わたしは、あなたのみごもりの苦しみを大いに増す。あなたは、苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼は、あなたを支配することになる。」

3:17 また、アダムに仰せられた。「あなたが、妻の声に聞き従い、食べてはならないとわたしが命じておいた木から食べたので、土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。

3:18 土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。

3:19 あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついに、あなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。」

3:20 さて、人は、その妻の名をエバと呼んだ。それは、彼女がすべて生きているものの母であったからである。

3:21 神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作り、彼らに着せてくださった。

3:22 神である主は仰せられた。「見よ。人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るようになった。今、彼が、手を伸ばし、いのちの木からも取って食べ、永遠に生きないように。」

3:23 そこで神である主は、人をエデンの園から追い出されたので、人は自分がそこから取り出された土を耕すようになった。

3:24 こうして、神は人を追放して、いのちの木への道を守るために、エデンの園の東に、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣を置かれた。



神道の教義なしに。

イエス・キリストが神の子であると。

公認することができなかったかもしれない。

イエス・キリストは神の子であり。

現人神であると結論付けています。

神様の本当の子供です。

というか。

元来一体ですからね。

(三位一体)

全人類の罪を背負うために産まれ。

計画に沿って司祭達を妬みに誘い。

目に見えない法則面によって。

全人類の罪を背負って十字架刑になりましたが。

イエスが降臨しなければ。

神との和解ができず。

罪すらも明らかにされず。

私達は路頭に迷っていたのではないか。

十字架刑で。

やっと私達の罪が明らかにされ。

罪について知ることができたのではないか。



ユダヤ教では。

神に背いて善悪の木の実を食べて。

「これによって人類は英知を得た!」という解釈をしている。

ポジティブにも限度があるでしょ!!

イスラム教では。

「アブラハム」が特に尊敬されているという。

「ラマダン」は基礎的な精神訓練だと思うし。

厳格なのは古来からの教え。

受け継いできたものを守る意思が強いからでしょうか。

イスラム教についてはよく知らない。



プロテスタント「中川健一牧師」

ふたつの宗教に関わることはOKです。

しかし。

そのうち決断の時が来ます。

実際にQ&Aで語られていたものです。

私は「中川健一牧師」から学ぶ事をオススメしますよ。

専門ではありませんし。

でも伝道を手伝うくらいはできるのです。

カトリック教がインターネットで伝道を行っていないようで。

するべきです。

カトリックの聖職者を神父。

プロテスタントの教師が牧師です。

キリスト教はイスラエルを起源に持ち。

トルコ沿岸からギリシアに到達。

聖典が定められ。

ローマ帝国の国教に制定されることによって。

ヨーロッパ諸国に広まりました。

歴史ある宗教です。



-オカルト対策-

スピリチュアルは宗教ではありません。

なのに宗教的なデマを載せています。

あれは宗教団体を設立しようとしていますよきっと。

インターネットでは偽宗教がたくさんあるために。

観覧してはいけません。

霊能者は口寄せを行う占い師の事を指していました。

いまでは廃止されています。

預言者は旧約聖書の著者であり。

現代では実在しないようです。

神の言葉を預かる者でクリスチャンでは無いのなら。

有り得ないことです。

終末思想を取り扱うのは危険です。

ヨハネの黙示録の末尾に記されているからです。

正教かどうか確かめてください。



言っておかなければならない事があります。

ノンクリスチャンに聖書の解読能力は無いという真理です。

従って。

私にあるのは聖書の理解能力であって。

解読能力は限定的なのです。

ノンクリスチャンに聖書の解読能力は無いという真理はお忘れなく。

ノンクリスチャンが聖書を使うときには用心せよ。



愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。

愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。

愛は決して絶えることがありません。

(コリント人への手紙I 13:4-8)


いっさいのことを愛をもって行いなさい。

(コリント人への手紙I 16:14)


他の人を愛する者は、律法を完全に守っているのです。

(ローマ人への手紙 13:8)


平和を保ちなさい。

そうすれば愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。

(コリント人への手紙U13:11)


アガペー。

フィリア。

ストルゲー。

エロス。



大天使ミカエル(弟)vs.悪魔ルシファー(兄)

踏み付けられているのが悪魔ルシファー。


-大天使ミカエル-

うっかり召喚してしまい。

謎の霊体を目撃。

すぐに助けに来てくれる話は本当でした。

目撃者。


プロテスタントの支持をしておりますが故。

教義に合わせている積もりですが。

おそらく間違った記述があるかもしれません。

プロテスタント的に有り得ない解釈が存在する可能性があります。

なお。

「統一教会」「モルモン教」「エホバの証人」とは関係ありません。

スピリチュアルという宗教モドキとも関係ありません。



ローマ教皇。

現代の神権政治。

カトリック教の総司祭であると伺っております。

イエス・キリストの代弁者。

代理であると聖職者は言いました。

ちょっと知っておいたほうが良さそうです。

情報というものは正統な機関や人物から提供されたものでなければ。

的外れが普通なのですから。

聖職者も原罪からは逃れられない?

不祥事はあるようですが。

真摯に向き合っている教会ですね。

原罪の力で罪を強いられるのかな?

ローマ教皇については。

正統な情報から知ることにしましょう。


おまけ。