-存在的哲学-

神様は葦原中国の主権を人に譲り。

「あなた達が創りなさい」と任されます。

人はイザナギ神に青人草と呼ばれました。

青い人という草。

草は伸びます。

草のように。

成長して大人になります。

少しずつ伸びていきます。

苦しみや悲しみ。

困ったこと。

これは神様に相談してください。

イザナギ神が「意富加牟豆美命」に。

青人草が苦しみ悩むと時に。

同じように助けなさい。

こう仰せになられた通りに。

イザナギ神が人を青人草と呼ばれたのは。

人は草のように成長して。

大人になるという意味合いなんだと思います。

こうなると。

様々な体験を通して人は成長するのです。

成長しきれば。

永遠の幸福へと誘われるでしょう。


草であれば。

「雑草魂」と呼ばれるように。

草特有の強さがあります。

踏まれても嵐が来ても。

強靭です。

生命力に溢れています。

人はそこまで頑丈に造られているのです。

「雑草魂」これもヒントのひとつ。


ひとつ頼みごとがあります。

「真理に逆らうような事はしないでください。」

ではどうすればいいのか?

指針をください!!

そう言うでしょう。

捜し求めれば見つかりますよ。

人はほとんどが独学なのですから。

いまの教科書も。

先人が確立したものではありませんか。

ヒントも多ければ。

自分が見つかります。

「人生」は時に完璧主義のスローガンとなり。

試練に打ち勝てば大いなる宝物を得る。

完璧な状態で生きている人なんて居ません。

ヒントも多ければ真実に近づきます。

信仰が薄い状態で何か手を下されたら。

その人は戸惑うしかないのですし。

神様はなんでもありです。

私は一部を体験しています。

神様のお力で現実が変更される。

通常。

人の理解を超えてしまい。

耐えられるものではありません。

神様を侮るべからず。


私は無神論者については知らない。

有神論の人は。

艱難でさえ。

有神論の考え方でいてください。

何か見出せるかもしれません。

神様に相談したら。

消滅するかもしれない。

「訳あってそれができないのだ。」

「いまは従ってくれ。」

なんて結果もある。

残念ながら。

万人の正解はありませんでした。

神様とのお付き合いの中で。

それぞれの人が悟っていきますし。

もたらされる。

なので。

安易に艱難だと騒がないでほしいのです。

西暦2000年まで。

白山神社に参拝した人は。

大きな苦難を受け。

5年くらいすると。

「あのことで成長できたなぁ」と思い返す。

こんなはなしもあります。

輪廻転生を前提にするのなら。

そうして人は成長し。

大樹になるのでしょう。

艱難を受けても。

その時は神様に相談し。

言うとおりにしてください。

人の理解を超えてしまうと。

人は戸惑うばかり。


そんなことは現にこの世にあるのですから。

気を付けてね。


普通で正常に暮らしている人よ。

その状態を活かすチャンスです。

あなた方はチャンスに恵まれました。

手を伸ばせば何でも手に入ります。

ただし。

艱難を受けた人よりも難易度は高いものだと思ってください。

そのまま普通に暮らすこともできるでしょう。

現状に甘えて。

自らの存在を無駄にすることもできます。

何かしたいことがあるはずです。

少し努力すれば。

なんでも手に入ります。

欲を出さず。

手の届くものなら。

あなたは何でも手に入ります。

これを使わない手はありませんよ。

その幸福はあなたの善良さの褒美かもしれない。

そうであれば。

それを味わうのもよいでしょう。

せっかくだから。

それを永遠のものにしようではありませんか。

せっかく与えられた良き人生。

損なわないように用心し。

壊さないように取り扱い。

大切にしておきましょう。

不幸だと思っても。

その裏に何が隠れているかわかりません。

禍福は糾える縄の如し。

禍福は表裏一体。

この意味いずれわかりますよ。

肯定するのも否定するのも批判するのも自由です。


自主性にて。

船出をした。

旅をした人は宝物も多くなる。

自ら進んでいろいろやった人は。

得るものも大きい。

目的が無ければ見つけに行く。

さがしもの。

そうしない人でも。

日々の生活で少しずつ伸びる。

人は常識は知っています。

教科書である程度は知っていますが。

それ以上の事は未だ知りません。

そうした中であらゆる疑問が生じるのです。

結婚は選択制。

これも本能を乗り越え。

強力な理性を持つに至り。

その中での発見ですらあり。

そもそも人の力だけでやっていくのは困難の極みです。

その結果が人々の無力さ。

今の在り様なのですから。

私はそれを強調します。

有神論の人はすぐにでも鷹に変貌するでしょう。

わたしたちは動物よりも優れているはずです。

動物と比較されるような生き方をするのは親不孝とも言えます。

生活はすべての基盤です。

生活だけをするのは動物と比べられてしまいます。

わたしたちは動物よりも優れているはずです。

これもヒント。

ひとつのヒント。


確実に伸びて成長して。

いろいろ知っていくのです。

それにはまず目の前の書類を片付け。

掃除機を動かしましょう。

まずはそこから始まるのです。


不可知によりもたらされたもの。

人の指針にて。

大いなるヒントにすべし。

餅は餅屋ということです。